美醜の大地 ネタバレ!絢子から漂うラスボス感がスゴイ

こんにちは!

藤森治見先生の『美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~』を読みましたので、ネタバレや感想を書いていきます。

 

最新話のネタバレはこちらとなります。

美醜の大地12話のネタバレ!絢子がハナをいじめたキッカケ

 

ネタバレが含まれるので、コミックを先に読みたい方は無料試し読みをしてからお楽しみください。

↓↓↓『美醜の大地』と検索↓↓↓
⇒『美醜の大地』を無料試し読みする

 

『美醜の大地』樺太引き揚げ前の絢子

高島津絢子はハナの同級生でもあり、いじめの主犯でもありました。
樺太随一の印刷会社の令嬢である事から、影響力も強く取り巻きたちを多く従える人の上に立つ側の人間です。

 

女学校に通っていた頃の絢子は正にご令嬢、正真正銘のお嬢様と言った感じの存在でした。
勉強の成績は常に学年トップクラスでテストの成績もハナには負けますが、それでも2位。
学友である同級生の女子達や教職員からの信頼も厚く、人気者です。

 

そんな絢子ですが、彼女には裏の顔が存在します。
お嬢様として育てられた絢子ですので、当然ストレスは計り知れないものがあったのでしょう。
恐らくそのはけ口としてロックオンされてしまったのが市村ハナ。

 

 

 

絢子がハナに仕向けたいじめや嫌がらせは相当堪える物ばかりです。ここで一度振り返ってみましょう。
初めて明確な描画があったのは女学校時代です。ハナの弁当箱に生きたミミズを入れて、敏恵を使って無理やり食べさせたり、ブサイクな教員であった中西へとハナの名前でふしだらな恋文を送りつける。挙句の果てには教職員や生徒の私物をハナの鞄の中へ忍ばせ泥棒の濡れ衣を着せて退学へと追い込む。などなど
傍若無人な振る舞いが見て取れます。

 

ハナが受けたいじめの詳細はこちらをご覧下さい。

美醜の大地のネタバレ!市村ハナの復讐劇が始まる

 

戦争が終わり、樺太からの引き上げを行う際も命からがらなんとか乗り込んできたハナ達一行に泥棒の汚名を被せ、周りを炊きつけ引き揚げ船に乗れないように仕向けてしまいます。

これが後のハナの復讐劇の直接的なキッカケとなりますね。

 

実は絢子がハナに仕向けた嫌がらせと言うのはこれだけではないのです。
他にもみすぼらしい中年の男性にハナが売りをやってると信じ込ませ、人気の無い路地で鉢合わせするように仕向けたり、その場を逃げ出したハナに足をかけてわざと転ばせたり、ブサイクと言う理由だけで無理やり髪の毛を切ったり、鞄や教科書を切り刻ませたりと鬼の所業を繰り返しています。

 

嫌がらせを行った実行犯やその末路についてはこちらにまとめてあります。

美醜の大地の第2話は百子へのテクニカルな復讐がマジ策士!

美醜の大地で絢子に買われたサチが迎えた結末

 

 

これらに共通する点は全て絢子が何もしていないということ。
自分の取り巻き立ちに命じて自分は何もせずに遠くから高みの見物を決め込んでいる。
まさにラスボスと言ったところでしょうか。

 

 

 

これだけ他人を使い悪さをしていると、取り巻きの誰かから恨みを買ったり、悪行がバレて問題になりそうなものですが、それが無いのはさすが大企業のご令嬢と言ったところでしょうか。
裏でもみ消したりもお手の物なのでしょう。

 

 

 

 

樺太からの引き揚げがあったことも功を奏したのかもしれません。何せ、引き揚げ後は女学校時代の同級生達とバラバラになったのですから。

 

『美醜の大地』絢子の現在とこれから

樺太から引き上げをした絢子はしばらくしてから白井グループの御曹司である清二郎と結婚します。

清二郎は元々父親からも色狂いと言われる程の性欲の持ち主なのですが、絢子は持ち前の聡明さを使って、逆に清二郎を手なずける事に成功。
常に主導権を握っています。

 

 

 

一時期は女学校時代の同級生であった瀬尾サチを屋敷のお手伝いとして雇い、清二郎の遊び相手に仕向けたり、時には自分が手綱を握って清二郎の遊び相手になってあげたりしています。
どんなにアブノーマルなプレイを要求されても表情一つ変えずに淡々と清二郎を調教するあたりはさすが生粋にドSなのでしょう。

 

 

そんな絢子が作中、唯一動揺した場面があります。それは新聞記者の綿貫から受けた取材でのこと。奥田スミ子の事件を追っていた綿貫から見せられた写真でハナを指された時の事です。

絢子が動揺した姿を見たい方はこちらをご覧下さい。

美醜の大地のネタバレ(第5話)氷の追跡!復讐の鬼となりきれないハナのメンタルは?

美醜の大地、第9話のネタバレはこちらとなります。

美醜の大地第9話のネタバレ!敏恵の美容整形と深見の登場

 

 

ここから先の展開は、あなた自身の目で確かめることをオススメします!
↓↓↓『美醜の大地』と検索↓↓↓
⇒『美醜の大地』を読む

 

 

まとめ

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

生まれたときから人の上に立つ存在である事が決められていた絢子。帝王学を学び、常に一番を要求されていたのでしょうか。ハナはそのストレスの捌け口として選ばれただけ?
それではあまりにもハナがかわいそうです。
何か深い理由があるのではと思いたい。
ハナは絢子にどんな復讐を仕向けるのか、それを受けた絢子はどんな反応をするのか、先の展開が楽しみです。

 

 

 

 

↓↓↓『美醜の大地』と検索↓↓↓
⇒『美醜の大地』を読む

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください