老いた卵子(因果な病)のネタバレと結末!子宮頸がんが難しい病気だと初めて知った

こんにちは!

まるいぴよこ先生の『老いた卵子』に収録されている「因果な病」を読みましたので、ネタバレや感想を書いていきます。

子宮頸がんになってしまった女性が紆余曲折ありながら、家族の絆を深めていくストーリーでした。
ネタバレが含まれるので、コミックを先に読みたい方は
無料試し読みを読んでからお楽しみください。

↓↓↓『老いた卵子』と検索↓↓↓
⇒『老いた卵子』を無料試し読みする(スマホ)

『老いた卵子』のあらすじ

主人公の鈴木由香は3歳上の夫と5歳の娘を持つ、39歳の主婦。
結婚した後は夫の実家で暮らしていたが、義理の父親が亡くなったことで運命が大きく動き出す。

 

 

舅(しゅうと)の49日が過ぎ、一段落したころ、跡継ぎを見せてやれなかったことが心残りだと姑が言います。
子供が出来にくい上に年齢の事もあってか、姑は跡継ぎを産むようにと由香に迫ります。

 

 

 

 

由香は2人目がほしいと思っていましたが、舅が倒れてからというもの
育児、家事、介護全てを任されていたので全く余裕が無く娘の真希も不妊治療を続けてやっと授かった子どもなので二人目も不妊治療が必要だろうと不安になっていました。

 

 

夫の秀一に相談すると、お金もかかるし、体も精神的にも辛く、年齢的な問題もあって難しいのではといいますが、由香は一応、病院に行くといいます。
由香は、生理不順や出血があり、検査を受けてみたいようでした。

 

 

 

産後、検診を受けていなかった事もあり、検査を受けると、子宮頸がんを宣告されてしまいます。
検査結果を秀一に伝え、再発や転移を防ぐためにも摘出手術を勧められたことを相談しますが、そこに姑が入ってきました。

 

 

 

 

姑はあろうことか、由香に浮気してたのではと強く言い出します。
知り合いからの情報のみを鵜呑みにしている姑は、子宮頸がんは性病が原因でなる病気で、由香は浮気によって性病を移されて子宮頸がんになったと言い張ります。
更には秀一に離婚を進め始めるのです。

 

浮気なんてしていないし、秀一以外に付き合った経験も無い。疑うならDNAでも調べてくださいと言いますが、姑は床の話を聞きません。
秀一は真面目だし、浮気もしない、病気なんて持っていないと秀一にも念を押します。

 

 

畳み掛けるように自業自得と言い張り、子供も産めない、夜のつとめも出来ないなどとあれこれ因縁をつけ、辛く当たります。
由香は身の潔白を訴えますが、秀一は冷たい態度で由香に実家の援助を求めてはと言うのでした。

 

病気になっただけでなく、浮気を疑われ、あまつさえ離婚。
一人で抱えきれなくなったのか、検査した婦人科を訪れ話を聞くことに。

『老いた卵子』のネタバレと感想

そこで由香は子宮頸がんの原因となるHPVウイルスの働きなどを聞いて、複雑な要因が絡み合って発症する病気であると知り、
家族向けのパンフレットをもらって後日主人と一緒に来院する事に。

 

幼稚園のお迎えに行く由香。
そこで由香は娘の真希に姑があること無い事言いふらしている事を知ります。
悪い事をしたから病気になったとか、子どもにいうことではありませんね。

 

 

 

自宅に到着すると、嫌味と一緒に出迎えた祖母。
子どもの前だと言うのに離婚届を見せつけ、家から追い出そうとしています。

 

 

 

子どもには大きなショックです。
自分はいらない子なのかと泣き出してしまい、由香もなだめることで精一杯。
今後の事も考え、秀一と真剣な話し合いの場を持つ事に。

 

 

本当に秀一以外と付き合ったことが無く、HPVは感染から発症までは10年以上かかることもあるから、結婚前に秀一が感染した可能性こともあること。
女性遍歴を問い詰めるつもりは無いが、浮気してないことだけは分かってほしいと真剣に話をすると、秀一が急に土下座をしてごめんと謝りました。

 

秀一は不妊の原因が自分だと分かった時に一度だけ浮気をしてしまったと言うのです。
同時に病気のことを知ろうともせずに疑ってしまったことやがんにさせてしまったことを謝りました。

 

 

 

母親には自分から話しをする事、二人で治療を進めることなどの本当のことを姑に話すことに。

 

姑は息子から浮気をしたと言う事を聞いても信じられない様子。
由香の時とはえらい違いで、秀一を擁護します。
更に、不妊の原因も由香にあり、浮気もしていた。由香にだまされている。
若くて健康な人と再婚してやり直せば良いなど、最低な事を言い出します。

 

 

 

これには秀一も腹が立ったのか、母親に強く言い返していました。

 

同居して父親の介護までしてくれて、家の事も任せっきりだったのに病気になったら邪魔者と追い出すのか
介護疲れやストレスも原因かもしれないのに同じ女性としてなぜわかってやれないのか。

 

 

そう言って秀一が取った行動は・・・
これ以上のネタバレは物語の核心に触れてしまいますので、
実際にあなた自身の目で読むことをお勧めします!
↓↓↓『老いた卵子』と検索↓↓↓
⇒『老いた卵子』を読む(スマホ)

まとめ

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

子宮頸がんについて全く知識が無い状態で読み始めましたが、わかりやすく解説されていたので、すごくためになる漫画でした。

 

 

ウイルスが原因の様に書かれていましたが、免疫が高ければ発症しづらいようですので、やはり、夫家族との同居やそれにかかってくるストレスによる免疫力の低下、生まれつきの体質などもあるでしょうし、様々な要因が絡んでくる病気のようですね。

 

ネットやテレビだけの情報では偏った知識になりがちな中でこの作品のように分かりやすく解説してくれるのはありがたいです。

女性だけでなく、男性も読むべきものなのではと思います。
↓↓↓『老いた卵子』と検索↓↓↓
⇒『老いた卵子』を読む(スマホ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です