老いた卵子(結婚適齢期)のネタバレと結末!ラストは衝撃の現実

こんにちは!

まるいぴよこ先生の『老いた卵子 結婚適齢期』を読みましたので、ネタバレや感想を書いていきます。

 

ネタバレが含まれるので、コミックを先に読みたい方は
無料試し読みを読んでからお楽しみください。

↓↓↓『老いた卵子 結婚適齢期』と検索↓↓↓
⇒『老いた卵子 結婚適齢期』を無料試し読みする(スマホ)

『老いた卵子 結婚適齢期』のあらすじ

主人公となる女性は小山麻美。
現在独身で実家暮らしをしている32歳のOLです。

 

麻美は夜遊びをすることが遅く、今日も母親から小言を言われています。
郵便で届いた友人の出産報告を見るや否や、年齢の事もあり、母親から結婚を急かされてしまいました。

 

今どき30代で独身は普通、焦って結婚して子育てに終われたくないし若いうちは自分にお金と時間を使いたい。
そういう麻美に母は30代はもう若くないから子供がほしいなら早いほうがいいと諭します。

この日はたまたま姉の知美も帰っており、卵子の老化や数が少なくなる事、質が悪くなる事などが原因で苦労していると教えます。

 

 

そんな姉を前に笑い飛ばす麻美。
自分はエステやアンチエイジングにも気を使っているから老化はありえない。
40代で子供を産んでいる人もいるから大丈夫だと気にも留めません。
婚活を初め、経済力のある男と結婚してすぐに子供を産んでみせると豪語しました。

 

 

 

 

しかし、婚活パーティーでは子供のことを考える男性が多く、34歳になっても結婚できずにいました。

 

 

そんな中、小さな田舎町の役場に勤める豊山俊一という38歳の男性と出会い、意気投合。
資産家で、新居も用意してあるという事で、結婚します。

 

お姑さんは、麻美の年齢から、子供の心配をしていましたが健康には自信があるといって、押しきったご様子。
結婚式は盛大に開かれ、未だ不妊治療を続けている姉を見下し、先に子供を産んでやると自信満々ですが、そう上手くはいきませんでした。

 

 

結婚して半年たったころ、痺れを切らした姑から不妊治療を進められ、夫の俊一と相談の結果、行ってみる事に。

『老いた卵子 結婚適齢期』のネタバレと感想

検査の結果は残酷で、卵子の老化が原因といわれてしまいます。
ショックを受けた麻美は自分が35歳である事や人より若く見られていることをアピールしますが、産婦人科の医師によって現実を突きつけられるのでした。

 

・見かけの若さと卵子の若さは全く関係が無い事
・年齢と共に自然と老化していくこと
・30代後半からは卵子の数が減り、質も劣化し妊娠しづらくなり、流産などのリスクも高まる事

 

加えて俊一の精子も動きが悪く、自然妊娠が難しいため、不妊治療を進められてしまいます。
現実を受け入れられない麻美は納得できないと他の病院でも診てもらいますが、結果は同じ。

 

 

 

姑は若い事結婚させるべきだったとため息をつきますが、俊一は自分にも原因はあると、麻美をかばいます。

それからはサプリやヨガ、漢方薬にマッサージ、食事にも注意を払ってタイミング療法や人工授精を試しますが、中々妊娠できません。
治療は身体への負担が大きく、お金の負担も馬鹿になりません。
憂うつな気分でいると、以前自分が見下していた姉と鉢合わせになってしまいます。

 

 

喫茶店でこれまでの治療や、旦那にも原因があることを言いますが、若い頃の不摂生な生活をとがめられると逆上してしまうのでした。
そんな中、姉夫婦は年齢との兼ね合いから不妊治療をやめることにしたと聞かされ意地になってしまう麻美。
妊娠できなかったら離婚を考えなくてはならないため、諦めるわけにはいかないと意固地になります。

 

 

 

中々妊娠できない麻美に日増しに強くなる姑からの圧力。
離婚を迫られるストレスと不妊治療のストレスから、麻美はどんどんすさんでいきます。
そこに追い討ちをかけるかの如く、実の母親から姉の妊娠が告げられるのでした。
余り思い詰めずと優しくアドバイスされますが、麻美はストレスと悔しさからなんで私だけと、泣きじゃくってしまいました。

 

それを見つけた夫の俊一は自分達も一旦は不妊治療をやめてみないかとを提案します。
妻を気遣う夫に対し、麻美は自分の事ばかり。

 

 

それからというもの、麻美は出掛ける口実を作っては出会い系を使って男漁りを始めてしまうのでした。
いい男に抱かれていっぱい感じれば女性ホルモンも出やすくなり、妊娠しやすいはずと勝手な理論で俊一と同じ血液型の男ばかりを選んではホテルへ行っていました。

 

そんな生活がバレないはずも無く、不倫の証拠写真を夫の俊一と姑から突きつけられてしまいます。
町内でも職場でも噂になってしまい、よくも恥をかかせてくれたと攻める姑、それでも不妊を旦那のせいにする麻美は俊一からバカにしやがってと殴られてしまうのです。

 

 

 

自分の不貞から離婚され、身一つで実家に戻った麻美ですが、実家でも大事件を巻き起こしてしまい、、、
これ以上のネタバレは面白くなくなってしまいますので、
実際にあなた自身の目で読むことをお勧めします!
↓↓↓『老いた卵子 結婚適齢期』と検索↓↓↓
⇒『老いた卵子 結婚適齢期』を読む(スマホ)

まとめ

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

不妊は作中でもあったように、年齢に起因する事由や若い頃の不摂生な生活、更に生まれ持った体質やストレスなど多数の因果関係が原因と聞いています。
今回の主人公は自業自得感がハンパないですが、周りからのストレスもひとつの原因だったのではないでしょうか。

 

 

イメージ的に女性側が悪いと認識されがちな問題ですが、男性側にも問題があることや、周囲のサポートが時には逆効果になる事、必ずしも不妊治療が良い結果に結びつくわけではない事など、社会全体で考えていかなければいけない問題なのかなと思いました。

 

女性の社会進出が進み、元気に働いたり、キャリアアップを重ねていく女性が増える未来に向けて、もっと働きやすく、出産しやすい環境が整えられていけば良いと思います。

↓↓↓『老いた卵子 結婚適齢期』と検索↓↓↓
⇒『老いた卵子 結婚適齢期』を読む(スマホ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください