ダンジョン飯(3巻21話)ネタバレと感想

こんにちは!

九井諒子先生の『ダンジョン飯』を読みましたので、ネタバレや感想を書いていきます。

 

ネタバレが含まれるので、コミックを先に読みたい方は
無料試し読みを読んでからお楽しみください。

↓↓↓『ダンジョン飯』と検索↓↓↓
⇒『ダンジョン飯』を無料試し読みする(スマホ)
⇒『ダンジョン飯』を無料試し読みする(PC)

『ダンジョン飯』のあらすじ

前回、ナマリたちと別れたライオスたち一行はオークに貰ったレッドドラゴンの出現場所の地図を頼りに地下5階へと通じる階段へとたどり着いていた。

>前話ダンジョン飯(3巻20話)ネタバレと感想はこちら<

 

階段を前にして、たじろぐライオスたち。
それもそのはず階段はそこらかしこ様々な種類のテンタクルスに覆われており、とても降りていけるものではなかったからだ。
チルチャックはオークから嫌がらせを受けたと悪態をつくが、集落に繋がる道と言う点ではうってつけではと、チルチャックを抑える。
植物を切り開きながら進むライオスに続く一行。マルシルがため息と同時壁に寄りかかった瞬間、チルチャックがあまり近づかないようにぐいっと引き離します。
すると、テンタクルスが襲い掛かってきました。

テンタクルスは壁の中に体を隠す習性があり、罠や仕掛けに乗じて繁殖すると言います。
仕掛けを圧迫して壊したり、罠とつるんで悪さをしたりと心象が悪い植物です。

しばらく進み続け、下りてきた階段を確認すると、数段しか降りてない事を気付きました。
不思議な階段に謎の泣き声とも遠吠えとも取れる声、周囲を警戒していると素早い何かにライオスの剣が弾かれてしまいました。
視線を上げるとそこにいたのは大カエルです。
大カエルはライオスの剣を下で捕獲すると、螺旋階段の中央へと投げ捨ててしまったのです。

『ダンジョン飯』のネタバレと感想

マルシルは魔法で大カエルを攻撃し、倒しますが、別の大カエルによって例によって杖を取られ、投げ捨てられてしまいます。
センシは眼前の大カエルを倒しますが、後ろから舌を伸ばされ斧を奪われそうになりました。
パーティ総出でセンシを支えているとチルチャックが打開策を思いつきます。

大カエルの横から突き出たテンタクルスを引っこ抜き、罠を作動させて大カエルを撃退する作戦です。
ですが、素手でテンタクルスに触るのはまさに自傷行為。なにか策は無いかと考えていると、
大カエルに触れているテンタクルスが目に留まりました。

可能性にかけて、大カエルの皮を割き、手に巻きつけました。
静かに階段を降り、テンタクルスを掴んでみると、痛くありません。
これはいけると確信し、全力で引っこ抜こうとしますが、全く抜けません。
そうこうしているうちに大カエルはチルチャックの企みに気付き、頭からかぶり付きます。

それでも手を離さないチルチャック。
何とか罠に絡まったテンタクルスを引っこ抜き、罠を作動させる事に成功。飛び出してきた矢によって大カエルを撃退しました。

大カエルに喰われているチルチャックを救出する3人。
マルシルはチルチャックの手を治療しようとしますが、無傷です。
大カエルの皮を手に巻いた案を見て何かを思いついたライオス。

大カエルを解体し、丁寧に下処理をし、採寸後、裁縫。
センシは現地で取れたテンタクルスを調理し、同時に完成。

マルシルはどちらを止めるかずっと迷っていましたが、迷ってるうちに完成されてしまいました。
どちらも拒否するマルシルに打ち合わせをする3人、おだててみたところ大カエルの着ぐるみを装着。

不機嫌になりながらも食事を取りつつテンタクルスの密集地帯を抜け、地下5階に到着しました。

大カエルを捌いて裁縫するところは漫画で見ることをオススメします!
↓↓↓『ダンジョン飯』と検索↓↓↓
⇒『ダンジョン飯』を読む(スマホ)
⇒『ダンジョン飯』を読む(PC)

まとめ

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

段々シリアス展開が多めの話になってきていますね。
ようやく地下5階に到着したので、レッドドラゴンとの決着も間近のようです。

最後、地下5階に到着した時にアクシデントが発生するのですが、
あまりに間抜け過ぎて爆笑してしまいました。

>ダンジョン飯(4巻22話)ネタバレと感想はこちら<

 

>ダンジョン飯3巻のネタバレ、感想のまとめページはこちら<

 

↓↓↓『ダンジョン飯』と検索↓↓↓
⇒『ダンジョン飯』を読む(スマホ)
⇒『ダンジョン飯』を読む(PC)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です