ダンジョン飯(3巻20話)ネタバレと感想

こんにちは!

九井諒子先生の『ダンジョン飯』を読みましたので、ネタバレや感想を書いていきます。

>前話ダンジョン飯(3巻19話)ネタバレと感想はこちら<

 

ネタバレが含まれるので、コミックを先に読みたい方は
無料試し読みを読んでからお楽しみください。

↓↓↓『ダンジョン飯』と検索↓↓↓
⇒『ダンジョン飯』を無料試し読みする(スマホ)
⇒『ダンジョン飯』を無料試し読みする(PC)

『ダンジョン飯』のあらすじ

ウンディーネは激怒している。射程外にいるため、攻撃はして来ないが、ずっとマルシルを見ている。

一体何をしたらあそこまで精霊を怒らせられるんだと言われ正直に答えるマルシル。

 

沸かした水を捨てたら下にいた

 

これだからエルフはと呆れられますが、人種は関係ないでしょ!とマルシルは主張します。
タンス爺に精霊を鎮める方法は無いかと訪ねると、すぐに答えが返ってきました。
ウンディーネは極小精霊の集合体のため、構成している固体が寿命を迎えれば敵意は弱まるのだとか。

 

1週間も待ってられないというマルシルに同意するタンス夫妻は帰還の術を用意しています。
それに乗じて魔力切れのマルシルに地上に戻るよう促すライオス。

 

 

どうしてもファリンを助け出したいマルシルは何かに理由をつけて冒険を続けようともがきます。
ですが、どうしても魔力が切れた自分がパーティに居られない事に気付くと、竜討伐の経験があるナマリにパーティに戻るよう懇願するのです。
お金は何とか工面する。どうしてもファリンを助けたいんだと。

 

そんなマルシルをチルチャックが静止します。
冒険者同士のつながりは狭く、噂なんかあっという間に広まる。
ここでナマリが金で元サヤに戻ったら金を積めば何でもする噂が立つ。
仕事は何とかあるだろうが客層が変わるだろう。

 

 

 

 

お互いの今後を考えるならばやめとけとチルチャックは続け、ナマリも突き放します。
それでも諦めが付かないマルシルは魔力を取り戻す方法を提案します。

『ダンジョン飯』のネタバレと感想

ウンディーネを飲むというのです。
いつも、魔物を食べているライオスとセンシからドン引きされ、いつもの勢いはどうしたと煽られますが、ライオスは精霊には興味が無いようです。
精霊は魔力を食べて生きているから、魔力が豊富に含まれているととんでも理論を展開。

 

 

 

球体のウンディーエを捕まえるのは倒すよりも困難ではとライオスは言いますが、
水の精霊は熱に弱いからと何とか対策を考えます。

 

 

そこで浮かんだ苦肉の策はセンシがいつも使っている鍋を熱して盾にするというものです。

 

 

 

 

石柱すら貫く威力の攻撃をボロ鍋で防げるわけが無いというチルチャックにセンシは反論。
先祖代々受け継がれてきた家宝であり、手入れを欠かしたことは無いと。

 

 

それを見たナマリは鍋に飛びつくのです。

 

色、艶、重量、手触りから、鍋の材料がアダマントであることを見抜くのでした。
アダマントは武器にすれば竜の骨を砕き、防具にすれば竜の牙をも通さぬといわれているほどのすごい金属です。

 

なんで鍋にしてると突っ込まれますが、センシは使い道が無かったのでと答え、勿体ねー!と怒られてしまいました。
ちょうど鍋と蓋に分かれるからと、挟み込んですぐさま火にかけて焼く、ウンディーネ対策がココで完成しました。
ただ、ドワーフのセンシはともかく、ライオスは普通の人間なので、力は強くありません。ナマリが一人葛藤している中、ウンディーネ捕獲作戦のスタートです。

 

 

心ここにあらずという様子のナマリを見てはおれず、タンス夫妻はナマリに散歩をしてくるように促します。

 

 

 

ウンディーネの攻撃を受け、手がしびれているライオスに追撃が来ました。
たじろいでいるライオスを間一髪ナマリが突き飛ばし、難を逃れる事ができました。

 

ウンディーネが形を戻したその一瞬を狙い、ナマリとセンシで鍋に挟み込む事に成功。
二人はそのまま焚き火のところまで運び、加熱処理を始めました。
挟み込んだ時からずっとウンディーネは暴れ続けますが、しばらく加熱すると静かになりました。

 

適温に温まったところでマルシルはすごい勢いで飲み続けます。一気に飲まなくてもとライオスは言いますが、
精霊の魔力は吸収しにくく、とにかく量を飲むことが大事だそう。
そこにセンシが手をかけ、吸収を助ける食品と共に摂る事は栄養の基本と言います。ここで調理開始です。

 

 

 

 

調査に出た一行が戻ってきた頃、料理が完成しました。
鍋料理を囲みながら歓談が始まります。
ナマリは仲間を抜けたことで虐げられる覚悟はしていたようですが、魔物を食べながら冒険する様は想像できませんでした。

センシには斧を馬鹿にした事を謝ったり、タンス夫婦とはこれからのことを話し合ったりと
それまでにあった確執が嘘のように各々が打ち解けていきます。

後の再開を誓い二つのパーティは別れるのでした。

ウンディーネとの緊迫したバトルは漫画で見ることをオススメします!
↓↓↓『ダンジョン飯』と検索↓↓↓
⇒『ダンジョン飯』を読む(スマホ)
⇒『ダンジョン飯』を読む(PC)

まとめ

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

 

窮地に陥った仲間を助けるためになんとかしようと奮闘する姿はどこでみてもいいですね。
それまではダンジョンを冒険するだけのつながりだったかつての仲間が
一緒に困難を乗り越え、本音をぶつけ合った事でお互いを理解し、寛容になって行く描画に心打たれました。

 

ナマリと一緒のタイミングで抜けた仲間はこの先登場するのでしょうか。
続きは気になりますが、とにかくファリンを助け出して欲しいですね。

>ダンジョン飯(3巻21話)ネタバレと感想はこちら<

 

>ダンジョン飯3巻のネタバレ、感想のまとめページはこちら<

 

↓↓↓『ダンジョン飯』と検索↓↓↓
⇒『ダンジョン飯』を読む(スマホ)
⇒『ダンジョン飯』を読む(PC)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください