生贄投票 江留厳のネタバレ ゲスい奴って結局

こんにちは!

江戸川エドガワ/葛西竜哉先生の『生贄投票』を読みましたので、ネタバレや感想を書いていきます。

 

 

 

ネタバレが含まれるので、コミックを先に読みたい方は
無料試し読みを読んでからお楽しみください。

↓↓↓『生贄投票』と検索↓↓↓
⇒『生贄投票』を無料試し読みする(スマホ)
⇒『生贄投票』を無料試し読みする(PC)

『生贄投票』のあらすじ

クラス全員からの投票によって生贄となる人物を決める生贄投票。
生贄となった人間は社会的死を免れるために10万回ものタップと
クラス全員の1万回のタップをクリアしなければならない。
恐怖と不安によりクラス全員が疑心暗鬼になり、
全体の空気が重くなっている中、このゲームを楽しみ、自分が支配しようとしているゲスがいた。

江留厳、えるごんと呼ばれているその男はスクールカーストの下位に属するいわば負け組。だが、知恵があった。行動力があった。その二つが彼を支配者へと登らせる。

教室の中で柴田と母親のプレイについて噂をしている中、そんな話は聞いていられないと美奈都は外に出ようとする。
そんな美奈都を呼び止める二人の女子生徒。高橋明里と西野美姫。
二人はバレー部に所属しているスポーツ女子で、美奈都とはスマホゲームを通じて仲良くなった。
学食の待ち時間を使いながらも話題は生贄投票。
明里が言うにはクラスの女子全員で江留厳に入れようかと画策しているのだと言う。なんでと聞き返す美奈都に明里はこう返す。
キモイから

それはあんまりじゃあという美奈都に対して美姫は江留厳に対する不満をぶちまける。
いっつも女子見てニヤついてるでしょ。マジでキモイから私も1票。事実だけに苦笑いするしかない。
その裏には友達の秘密を見たくないし、生贄投票自体にかかわりたくないという思いも混ざっていたようだ。

そんな話をしながら廊下を歩いていると江留厳たちが怪しげな会話を繰り広げている。
俺達の仲間になれば必ず生贄投票を回避できる!生贄投票をコントロールする方法を発見したと息巻く江留厳たちにたいしてハイハイと受け流す明里。

その日の生贄投票では、周りに流される形で江留厳へ投票してしまう美奈都。
みんなウザイとかキモイとかつまらない理由で投票しているし、私は悪くないと逃避する。

『生贄投票』のネタバレと感想

翌日、登校すると明里は生贄投票を回避する方法を発見したとクラスで自慢するが、
ガラケーに機種変更すればアプリは起動できないから、生贄投票から逃れられると独自理論を展開し、
クラスメイトたちもそれに釣られて機種変更を検討しているようだ。しかし、美奈都の脳裏には生贄くんが言った言葉が引っかかり、胸騒ぎに駆り立てられる。

12時
生贄投票の結果発表の時間、生贄くんの口からはガラケーに変えた人間がいたため、今回は中止し、
ペナルティとして、高橋明里が生贄として選ばれたことが発表された。
明里の秘密とは、部室で顧問とエッチしていたことだった。
しかも、一度だけでなく、何度も会ったように親しげな様子が映し出されていた。

それを見て明里はその場で盛大に吐いた。吐き続けた。

その様子を見て私が止めなきゃと使命感が芽生える美奈都と恐怖に駆られる美姫。
美姫は恐怖の余り、江留厳たちの誘いに乗ってしまったのだ。
人気のない怪談で江留厳と合流する美姫。

怪談には江留厳の他に女子をいやらしい視線で見つめる事に定評のある渡邊、同じようにスクールカースト下位にいる岡本と小林もいる。
江留厳は4人を前にしてこれからはこの5人で生贄投票をコントロールしていくと宣言する。
この生贄投票、誰が勝者となるかわかるか?と問うが急な問いかけに答えられない様子の美姫に畳み掛ける江留厳。
生贄投票はあくまで多数決。そこを利用してスクールカースト上位の人間を1人ずつ潰す!
美姫は呆然としている。

岡本と小林は賛同し、お前にもバレたくない秘密があるんだろうと念を押す江留厳を前に美姫は笑ってごまかす以外の術を持たなかった。
マジョリティーを取れれば、生贄の選択権を握ることが出来る、スクールカーストの下にいる者たちの逆襲なんだという江留厳に対しどんどん賛同する下のものたち。
そうして美姫は江留厳たちに取り込まれていくのだった。

次の生贄投票では江留厳の目論見どおりスクールカースト上位のいる香川怜を生贄とすることに成功。

階段でカースト上位を喰ってやったと支配者気取りになる江留厳。
恐らく喰ってやったには2重、3重の意味があることでしょう。
次のターゲットはもう決まっているという江留厳。
冷や汗をかく美姫に対して宣言したその相手は今治美奈都であった。
友達である美奈都が選ばれたことで動揺する美姫。その理由を問いただすとあまりにもゲスな答えが帰ってくる。
転校生と言う理由だけで珍しがられて何もしてないのにトップグループに入ったのがムカつくらしい。

あと、見た目が好みでいいなりにしたいと。
思いっきり後者がメインの理由だと思うが、そんなことよりも友達である美奈都にこの男の魔の手が伸びると想像すると、美姫は口元を押さえる。

その日の生贄投票では、周りに流される形で江留厳へ投票してしまう美奈都。
みんなウザイとかキモイとかつまらない理由で投票しているし、私は悪くないと逃避する。

翌日、登校すると明里は生贄投票を回避する方法を発見したとクラスで自慢するが、
ガラケーに機種変更すればアプリは起動できないから、生贄投票から逃れられると独自理論を展開し、
クラスメイトたちもそれに釣られて機種変更を検討しているようだ。しかし、美奈都の脳裏には生贄くんが言った言葉が引っかかり、胸騒ぎに駆り立てられる。

12時
生贄投票の結果発表の時間、生贄くんの口からはガラケーに変えた人間がいたため、今回は中止し、
ペナルティとして、高橋明里が生贄として選ばれたことが発表された。
明里の秘密とは、部室で顧問とエッチしていたことだった。
しかも、一度だけでなく、何度も会ったように親しげな様子が映し出されていた。

それを見て明里はその場で盛大に吐いた。吐き続けた。

その様子を見て私が止めなきゃと使命感が芽生える美奈都と恐怖に駆られる美姫。
美姫は恐怖の余り、江留厳たちの誘いに乗ってしまったのだ。
人気のない怪談で江留厳と合流する美姫。

怪談には江留厳の他に女子をいやらしい視線で見つめる事に定評のある渡邊、同じようにスクールカースト下位にいる岡本と小林もいる。
江留厳は4人を前にしてこれからはこの5人で生贄投票をコントロールしていくと宣言する。
この生贄投票、誰が勝者となるかわかるか?と問うが急な問いかけに答えられない様子の美姫に畳み掛ける江留厳。
生贄投票はあくまで多数決。そこを利用してスクールカースト上位の人間を1人ずつ潰す!
美姫は呆然としている。

岡本と小林は賛同し、お前にもバレたくない秘密があるんだろうと念を押す江留厳を前に美姫は笑ってごまかす以外の術を持たなかった。
マジョリティーを取れれば、生贄の選択権を握ることが出来る、スクールカーストの下にいる者たちの逆襲なんだという江留厳に対しどんどん賛同する下のものたち。
そうして美姫は江留厳たちに取り込まれていくのだった。

次の生贄投票では江留厳の目論見どおりスクールカースト上位のいる香川怜を生贄とすることに成功。

階段でカースト上位を喰ってやったと支配者気取りになる江留厳。
恐らく喰ってやったには2重、3重の意味があることでしょう。
次のターゲットはもう決まっているという江留厳。
冷や汗をかく美姫に対して宣言したその相手は今治美奈都であった。
友達である美奈都が選ばれたことで動揺する美姫。その理由を問いただすとあまりにもゲスな答えが帰ってくる。
転校生と言う理由だけで珍しがられて何もしてないのにトップグループに入ったのがムカつくらしい。

あと、見た目が好みでいいなりにしたいと。
思いっきり後者がメインの理由だと思うが、そんなことよりも友達である美奈都にこの男の魔の手が伸びると想像すると、美姫は口元を押さえる。

その日の放課後、美奈都が帰宅途中、ふと、お店の前で物思いにふけりながら
ガラス扉を見ていると、何者かが、というか、江留厳なのだが、スマホのカメラを向けていることに気付く。
その後もストーカーの如く美奈都を盗撮し続ける江留厳たちグループ。
彼はもう既に美奈都が自分の思い通りになったと勘違いし、妄想に駆られている。
そして、結果発表の時間、今回トップになったのはダントツで江留厳だった。

予想外の結果に言葉をなくすえるごん。

全員に裏切られた事態に気付くも時既に遅し。
レアフィギアや3千円という裏切るにはあまりにも陳腐なもので買収された。
ショックを受けている中、畳み掛ける渡邊

元から嫌いなんだよ。いつも偉そうにしてくれたな。目障りだから消えろブタ

そう告げられ精神喪失状態に陥った江留厳。
彼の秘密とは、やはりゲスいもので、コンビニで商品に楊枝を指してイタズラしたり、
商品をどこかに入れるというものだった。
というか、もう一人映ってるんだけど、この人は秘密をばらされた事になっていないのだろうか。

これ以上のネタバレは物語の核心に触れてしまいますので、
実際にあなた自身の目で読むことをお勧めします!

生贄投票の関連記事

生贄投票のネタバレ 香川怜の秘密は?

生贄投票のネタバレ 柴田とママの関係がマジヤバイ

生贄投票のネタバレ 環奈の秘密が衝撃的過ぎる

 

 

↓↓↓『生贄投票』と検索↓↓↓
⇒『生贄投票』を読む(スマホ)
⇒『生贄投票』を読む(PC)

まとめ

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

登場からルックスのインパクトと言動のゲスさで注目していた江留厳さんですが、
ここで物語より退場となってしまいました。
このままゲス行動を続けていき、周囲から恨まれ、生贄投票と関係ないところで復讐されるという流れを期待していただけに残念で仕方ありません。

今回は普段からの行いが悪かったようで、誰も同情なんかしてません。
むしろ、そそのかされて一緒に悪さをしていた男子生徒には若干同情してしまいますが。

結局、江留厳って、あんな見た目と性格で生まれてきた時点でもう社会的に死んでいるよね。

↓↓↓『生贄投票』と検索↓↓↓
⇒『生贄投票』を読む(スマホ)
⇒『生贄投票』を読む(PC)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください