鬼虫のネタバレと最終回の結末!あらすじと感想も詳細に

こんにちは!

柏木ハルコ先生の『鬼虫』を読みましたので、ネタバレや感想を書いていきます。

 

ネタバレが含まれるので、コミックを先に読みたい方は無料試し読みをしてからお楽しみください。

↓↓↓『鬼虫』と検索↓↓↓
⇒『鬼虫』を無料試し読みする(スマホ)

⇒『鬼虫』を無料試し読みする(PC)

 

 

『鬼虫』のあらすじ

物語の舞台は平安時代。
まだ文明もロクに発達しておらず、集落毎の生活が通常だった時代。
周りを断崖絶壁の崖に囲まれた火山島「鬼島」を舞台に、男女の人間模様を描いた作品です。

 

事の発端は主人公とも言えるククリ(男性)とトラゴ(女性)がまだ幼い子供だった頃の話。

 

2人はトラゴの姉であるタナを合わせた3人で仲良く遊んでいました。
遊び場は漁に出るための船が停めてある波止場です。
波止場といっても現在のように港の形はしておらず、木造の船が縄で繋がれているだけの場所。

 

 

その日は快晴で遊ぶにはもってこいの日和でした。
ククリはまだ泳げないので、海には入らず、カニを捕まえたりしてタナとトラゴを見つめています。

 

 

 

タナとトラゴの2人はと言うと、海に入り、海水浴。
ついでに五郎爺の船を浮き輪がわりにして沖合で遊んでいました。

 

 

 

すると、たまたま船を繋いである縄の近くにカニが出現。
物心がついてすぐのククリはそれが2人を繋ぎ止めているとは知らずにカニを捕まえるために縄を少しずらしてしまったのです。

 

それがきっかけで縄が外れた船はどんどん沖の方に流されてしまいます。

 

 

無邪気に遊んでいたタナとトラゴでしたが、自分たちのピンチに気付き、トラゴに大人を呼びに行くよう伝えます。

 

 

船を台無しにしては五郎爺に怒られてしまうと思ったタナは船にしがみつきますが、そこで嵐が発生。

敢え無く波にさらわれてしまいました。
その晩、村の大人達に捕まり、一晩中怒られたトラゴはこれがきっかけで海に近づけなくなってしまいます。

 

 

 

数年後、成長したトラゴとククリは結婚。
2人での生活を始めていました。

 

 

ある日、山からの帰りに漂流者を発見。
介抱して息があることを確認したトラゴはその漂流者が幼い頃に生き別れたタナ姉とそっくりであることに気がついてしまいました。

 

 

 

通りがかったククリと協力して家で看病を始めたトラゴ。
体が冷え切った女をトラゴは必死に暖めます。

 

 

その甲斐あって意識を取り戻したタナ姉そっくりの女。
差し出された食事を涙を流しながら食べました。

 

 

 

一通りの食事を終え、落ち着いた3人は床に入りますが、その晩、家で火事が起きてしまいます。

 

 

ククリは食料が失くなっていることや、漂流者の女がいなくなっていることに気付きました。
消化を優先するククリに反して、トラゴは一目散に海へと走ります。

まるで幼い日に失った姉を取り戻すかのように。

 

 

 

一方、漂流した女はトラゴたちの家に置いてあった食料を担いで崖を降りていました。

 

岩肌に吊るしてある船を降ろし、海へと出発します。
ですが、その日の海は大荒れ。

 

 

敢え無く船は沈み、女は海に投げ出されてしまいました。
タナ姉を失ってから海には入れなくなったトラゴですが、その日だけは違います。
鬼気迫る泳ぎで女を救出。

 

そこで2人は初めて言葉を交わします。

 

『鬼虫』のネタバレと感想

全焼した家を直すため、笹竹を狩りに出かけたトラゴの元に村の巫女であり、権力者でもあるクウロウ伯母が訪ねて来ました。

 

 

実は、トラゴの村にとって漂流者は忌み嫌う存在なのです。
以前、漂流者を助けた時は流行病が伝染してしまい、村人全体の三割の人間が命を落としていました。

 

 

 

その時の経験から、漂流者を「凶」と決めつけたクウロウは漂流者を洞窟に捨ててこいと命令します。

 

その言葉を聞いて急に農作業に精を出し始める漂流者の女。
わざとらしくですが、出来る女をアピールします。

 

 

夕食の時間、女は自分は捨てられる存在なのかと問いかけます。
クウロウ伯母は流行病を恐れているが、見た所健康そうだから捨てさせはしないとトラゴは宣言。

 

 

 

その言葉を聞いて少し安心したのか、女は徐々に自分のことを話し始めました。
女の名前はマナメ。

その日は自己紹介をして終わりました。

 

 

翌日、クウロウ伯母に見つかったらやっかいだからと言って森の奥の隠れ家にマナメを連れてきたククリ。

しばらくはここに隠れておくように言いつけます。

 

 

 

村では、連日続く気候の変化や、地震の原因を探るべく、調査を行なっています。
調査といっても専門的な物ではなく、作物の生育具合を確かめたり、畑から出てきた湯気を見に行ったりする程度です。

 

 

籠もりっぱなしの生活が我慢出来ないマナメは隠れ家を抜け出して温泉に入っており、その現場をクウロウ叔母に見つかってしまいます。
捕まったら大変だとマナメは抵抗しますが、人数をかけられては敵わず、遂に捕まってしまいました。

 

 

 

マナメの処遇を決めるためにお祈りが行われましたが、結果は凶。
丸太に縛って追放処分が決まりました。

 

その知らせを聞いたトラゴとククリはマナメの救出に向かいます。
村ではクウロウ伯母の権力が強いため、若い衆が寄ってたかってマナメを処分しようとしますが、そうはさせまいとトラゴが奮闘。

 

 

どさくさに紛れて何とかマナメを助け出すことに成功しました。
これで凶事は去ったと安心するクウロウ伯母でしたが、村では刻一刻と異変が近づいていたのです。

 

 

 

群れないはずのマンボウの大群が岸に打ち上げられていたり、池の水が暖かくなっていたり、まだまだ時間がかかるはずのイモが大きく育っていたりと、不可解な事象が起こっています。

 

事が起こるのはそれからすぐのこと。
島全体に大きな地震が起こり、島の中央部から熱湯が噴き出したり、所々に穴が空き、そこから火が燃え出たりしてきました。

 

 

 

明らかに島に異変が起こっていますが、何をしたらいいのかわからないのが現状です。

島の巫女であるクウロウ伯母は島を鎮めるため、祈りを捧げると言います。
それと同時に何が起こっても良いように食糧の備蓄も同時に始めました。

 

 

ククリは船を出して隣の島に助けを求めることを提案しますが波が荒いことや、せっかく船を出すなら魚を捕まえるべきだと言われ、却下されてしまいました。

村人総出で災害に備えることになり、いくつかのグループに分かれて作業を行うことになった一行。

畑の新規開拓や、井戸の新設、船を作ったり、漁に出て魚を獲るなどなど割としっかり機能してます。

 

 

 

ほとんどの人間は割りてられた作業を必死にこなしていましたが、クウロウ叔母の息子モモエだけは違います。

祈りを捧げる最中にマナメを見かけた事が気になり、島全体を探していたのです。
捜索の結果、マナメの隠れ家を見つけたモモエはマナメを捕えようと夜の寝込みを抑える作戦に出ました。

 

 

ですが、日中モモエの姿を見ていたマナメは闇に紛れてモモエを襲い、逆に捕らえることに成功します。

 

 

危害を加えられる前に手懐けてしまえば良いと考えたのか、マナメはその柔らかな手を使ってモモエの男性的な部分を刺激します。

 

 

 

言葉では抵抗しますが、体は正直です。
マナメのテクに手玉に取られ、屈服してしまったモモエはこれ以降、マナメの虜になってしまいました。

 

マナメを求めて何度も訪ねてきますが、いつも手で抜かれて終わり。最後までさせてくれることはありません。

 

 

 

ですが、マナメのことしか考えられなくなっているモモエはマナメのためにと食料を与えたり便宜を図ります。
モモエの要求が通ることはありませんが、心と体を占領されてしまっているので、手で触られるだけで反応してしまうほど、マナメに夢中なのでした。

 

そんな日々を過ごしていると、とうとう島で噴火が起こってしまいます。
作物は枯れ、井戸も乾き冬を過ごせないほどの危機に陥ります。

マナメは姿を隠し、一人たくましく生活していましたが、限界を感じたのか、モモエを懐柔して、島を脱出する計画を立てました。

 

 

モモエに大きな船を作るよう命じますが、見たこともないため、それを作る事が出来ません。

途方に暮れていた2人ですが、そこにタイミングよく、難破船が岸に打ち上げられたのです。

 

 

 

生存者がいなかったため、船に積まれていた物資を活用しようとする島民たちでしたが、文明レベルが低く、何も有効に使えません。

困ったモモエはある穀物をモモエに見せます。
それこそがお米だったのです。

 

 

 

お米の食べ方や、神様の祀り方、鉄製の道具の使い方や囲い網漁など、島にはない文明をモモエに伝え、そこから島民たちを取り込んで行ったマナメ。

 

 

クウロウ伯母は反発しますが、自分たちより豊かな文明を知っているマナメに追従する者たちが現れます。

 

初めは村の若者8名ほどでしたが、その勢力はどんどん広がって行きます。
ククリはトラゴに対する後ろめたさから反抗していましたが、極度の空腹時にお粥を食べさせられたことや、マナメがその体を使って慰めてくれたこと。

 

 

 

幼い頃に抱いたトラウマを受け入れてくれたことからマナメを徐々に信用することになり、遂には目の前で起こった噴火を見て、島を脱出する決意を固めました。

 

そこからは島民が真っ二つに分かれてしまいます。
一つは噴火で島がダメになるから脱出するための船を作るマナメグループと、もう一つは島の異変はすぐ収まり、元に戻ると主張するクウロウ伯母グループです。

 

 

二つの勢力はお互いに傷つけあい、食糧や、道具を盗みあったりと争いを続けますが、火山が前代未聞の大噴火を起こしたことでとうとう島を出ることになります。

船に乗れる定員は多くても半分程度。
もちろん、裏切りを重ね、島全体の憎悪の対象になっているマナメは乗れません。

 

トラゴとの決戦に敗れ、動かなくなったマナメを背に島民たちは船を使い、沖ノ島へと向かいます。

 

 

クウロウ伯母たち年長者は若者を優先的に船に乗せ、自分たちは島に残ると言い、別れました。

 

 

 

トラゴやククリたちが鬼島に戻ったのはそれから5年後のこと。

 

火山活動は収まり島には緑が戻っています。
これから島を再建する。

 

そんな決意を新たにしている時、船が独りでに動き出したのです。

 

ここから先の展開は、あなた自身の目で確かめることをオススメします!

↓↓↓『鬼虫』と検索↓↓↓
⇒『鬼虫』を読む(スマホ)

⇒『鬼虫』を読む(PC)

 

 

漫画を一巻丸々無料で全部読む方法!

ずっと読んでる漫画の最新刊が出たけど、ちょっと財布が・・・
友達の間でずっと話題になってるから読んでみたい。
電子書籍サイトで特集が組まれている作品が気になってる。

そんな時、ふとした出来心で無料で読む方法は無いかとインターネット上で探した経験はありませんか。
確かに無料で読むことは出来るかもしれませんが、そのような行いは違法ダウンロードとして禁止されているので、即刻やめてください。

ZIPやrarなどを使うとウイルスなどに感染して個人情報がネット上でダダ漏れになったり、クレジットカードの情報が盗まれて被害にあったりとリスク満載です。

知らない人に自分の住所や名前がバレたり、見に覚えの無い買い物の請求が来ることもありますし、最悪、何かの犯罪に悪用されてしまう事も。

読みたい漫画があったとしても、法的リスクや悪用されるリスクを抱えて読むよりも、完全に安全な方法で読んでみたいと思いませんか。

そんな時に私が発見したのがU-NEXTを使うこと。

元々、ドラマ、邦画、洋画、アニメなど沢山の作品を見ることが出来る日本最大級の動画サイトなのですが、電子書籍サービスも提供されています。
話題の漫画だけでなく、雑誌(美容、旅行、グルメ、健康など)様々な種類の雑誌が読み放題なので、お得感がハンパ無いです。
私の場合は毎月3,4冊の雑誌を買っていたので、これだけで3,000円以上得をしているんです。

U-NEXTの31日間無料トライアルに申し込みをすると、入会特典として600円分のポイントをもらえるのですが、このポイントを使う事でお金を払わないと読めなかった漫画を無料で読むことが出来るのです。

31日間の間に退会をすれば、料金が一切かからないので、まずは無料トライアルに申し込んで好きな漫画を読んじゃいましょう。

⇒U-NEXTで漫画を無料で読む

 

まとめ

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

昔々のおとぎ話を読んでいるような感覚になる物語でした。

島に流れ着いた漂流者を勝手に悪いものと決めつけ、処分しようとした島民たちに天罰が下ったようにも思えますが、やはり、マナメの悪事は見逃す事は出来ませんね。

自分が楽に生きることだけを考え、親切にしてくれたトラゴやククリを騙した姿は悪女そのものでした。

ただ、火山が噴火する時期に迷い込んでしまったのは同情してしまいます。
島の悪いことすべてが自分のせいにされてしまうのですから、たまったものではありません。

その魅力的な体を使って男たちを手玉に取ったのは見事です。
結局は島民全滅の危機をマナメが作った船で救ったのですから、憎悪だけでなく、感謝の気持ちもあって良いのではと思ってしまいます。

人が窮地に陥った時の生存本能は凄まじいもので、どんな状況でも生き延びようとするその心は見習いたいものです。

1人の女性の執念が生んだ物語。
不思議な感じがしながらですが、一気に読んでしまうほど惹き込まれる漫画でした。

⇒U-NEXTで漫画を無料で読む

↓↓↓『鬼虫』と検索↓↓↓
⇒『鬼虫』を読む(スマホ)

⇒『鬼虫』を読む(PC)

 

『鬼虫』が好きならこちらもオススメです!

復讐の未亡人【続編】ネタバレ!父と兄に犯された?密の過去が明らかに

美醜の大地のネタバレ!市村ハナの復讐劇が始まる

花園メリーゴーランドの最終回のネタバレと結末!実在した場所って

 

 

漫画や動画を見過ぎて速度制限に苦しんでいる人は必見です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください